topimage

Beautiful Day - 2011.11.21 Mon

12月のコンサートの準備で、昨日は久しぶりに日中に家から遠出。
前もって予定していなかったことだったので、
慌てて、「家モード」のスタイルで外出

クリスマスのデコレーションが、あちこちで目に止まり
「年末」を今年はじめて意識。
そんな時期なのに、十分暖かい沖縄って素敵

ブーツを履いたサンタと、サンダルの私

サンタi


ハイビスカスが可愛らしく咲いているのも
なんだか久しぶりに遠出をすると新鮮さを感じた。
N.Yで、この花を恋しく思ったことは、
数えきれない・・・

ハイビスカス


確かにN.Yのロックフェラーセンターのクリスマス点灯式や
イルミネーション、雪とか、
「しばれるな~」と言いながら歩く寒い外。
風情があるし、それも大好きなのだけれど、
お郷は、ほっとする

外に出て、息抜きもできたし
コンサートの準備、頑張ります。
スポンサーサイト

残り物には福がある。 - 2011.05.20 Fri

先人達は、よく言ったものだ。

『残り物には福がある』

本来の意味は、遠慮深い人には思いがけない幸福がおとずれる。
という意味らしいが、
単細胞の私は、その言葉をそのまま
鵜呑みにしている。

私の住むアパートから歩いて5分くらいの
ブロードウェイ沿いにあるブティック。

どんどん新しい服が入荷するので
売れ残った服は、値下げされて
捌かれる。
その値下げが、半端じゃない。

気に入った上着を見つけたのだけれど
値下げを待つ事にして、
しばらく様子見にした。
(でも、値下げする前に完売することもあるので
同じ好みの人が沢山いたら、残念だが…)

値下げをすると、一瞬で売れてしまう。

だから、マメにそのブティックに
通う事が、格安でゲットするコツだ。

その気に入った上着は、値下げの前に既に
数に限りがあった。
しかしだ。
きっと絶妙なタイミングで、そのブティックに
行ったのだろう…

なんと。

$2.99

安すぎる。
本来の値段でなくて、
そんな破格でゲットできて嬉しい!

もうひとつ。
スカートに目を付けていた。
値下げもされていて、
残り少なかった。

そのお店が最後に叩き付ける破格を
知っているだけに、
きっとまだまだ値段が下がるだろう!
と、予測。
もしも、その前に売れてしまったら
諦めようと覚悟して、そのときは
購入せずに待つ事にした。

今日、そのブティックの前を一度は
通り過ぎたが…
後ろ髪を引かれて、ターンして
お店に入った。

なんと!
あの、惹かれていたスカートが…
$6.99
これ以上、下がる事はないだろう。
もしくは、この値段で売り切れる!と判断して
ゲット!!!

このスカートの値下げ。
2週間、踏ん張った。
待った甲斐があった~~~。

そのブティックで売られてる服は、
平均$20~$70の品で
ブティックにしては、元々安めなのだけれど、
デザインも良いし、
縫製もアメリカで売られている服のわりには
しっかりしているし、丁寧なほうだし、
素材も良い方に入る。

1週間程度で、新しい服が来るから
それ以前に売りだされて残ったものは
どんどん値段が下がっていく。
その頻度が、秋~春までは、かなり早いので
値下げで買っても
ファッションが季節に出遅れることも
あまりない。

残り物には福がある。

あのブティックも、そんなお店かも。

残り物と言えば…もうひとつ。

『私』なんだが…

だめ?

インプロ・ショッピング☆ - 2011.01.23 Sun

南国育ちの私は、冬になると…ガラリ「芋娘」と化す。
冬のファッションを知らないから。

おととしニューヨークに向かうとき、実家のある沖縄で荷造りをしていたのだけど、あまりの暑さに夏物ばかりをスーツケースに入れこみ、未だに持ち合わせの冬物の服が少ない。

何枚かセーターとかが必要だな!と買い出しに出かけたのだけれど…
なんか「これ欲しい♡」って思える服に出会えなかった。
そして、…ひらめいた! もしかして、子供服が私を呼んでいる?
アメリカで私の着る服のサイズは「XS」(エクストラ・スモール)

可愛い♡って思っても、自分のサイズのものが無かったりすることがよくある。 
子供服なら!! インプロ的な行動をとって、子供服売り場へ向かった。
ありましたよ!これなら、イケるかも?と思った服が。

101218_125_2.jpeg

サイズは10歳~12歳もの。
ジャストフィット!

大人の私にも違和感のない感じ。
(ピーコさんなら、違う意見をするかもしれないけれど。苦笑)

そして、早速それを着て出かけてみました。

「子供服売り場で買ったの~。サイズ10~12歳ものよ。」
って、カミングアウトしない限り、だれも気がつかない。

上にアップした写真が、実はその「子供服」です。

?…
誰に寄りかかっているのかって?
ムフフ…それは、ヒ・ミ・ツ♪



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ショケッタ

Author:ショケッタ






音楽に対する強い興味に両親が気がついたのは、2~3歳のころ。5歳からピアノを習い始める。
10代の前半から米軍キャンプのチャーチなどで演奏をはじめ、
その延長で訪ねたアフリカン・アメリカンのチャペルで目の当たりにした音楽に衝撃を受けた。本場のゴスペル音楽との出会いだった。それにはじまり、後にはブルースやジャズに魅了された。

2001年に沖縄から上京し、ヴォイストレーニングに徹した。2004年、バークリー音楽大学の奨学金オーディション合格。
2007年、同大学へ進学。

2009年、ニューヨークへ移る。2010年、アメリカ携帯電話、HanaCellの特別インタビューで、ジャズシンガーとして取り上げられた。

2012年、ニューヨークでファーストコールのベーシスト、リッチー・グッズをプロデューサーに迎え入れレコーディングプロジェクトを立ち上げる。クラレンス・ペン(ドラム)、アンディー・エズリン(ピアノ)、ノゾミ・ヤマグチ(ギター)を始め総勢7人の気鋭プレイヤー達とのコラボレーションが実現。
2014年7月にデビュー・アルバム "MY SOUL" をリリース。

1st アルバム "MY SOUL"
fc2blog_20140712030602749.jpg
CDは全国のレコード店で取扱中
(沖縄エリアは、タワーレコード那覇店、高良レコード店、各店頭にあります)

"MY SOUL" ダウンロード
itunes.png



Shokettaをフォローしましょう

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR