topimage

日本文学&洋楽 - 2011.02.13 Sun

「なにとなく君に待たるるここちして出でし花野の夕月夜かな」

「小百合さく小草がなかに君まてば野末にほひて虹あらはれぬ」

与謝野晶子の処女作、『みだれ髪』の中にあるうちの一部。

この本について学んだ授業で、赤面した事が今でも忘れられない。

私はまだ中学生だった。
授業中、先生がこの与謝野晶子の歌集から、この二つの言葉とりあげ
私を名指しにしてこう言った。

「いかもにも、この子が書きそうな歌。」

クラスのみんなから、様々なコメントを一瞬にして
「無言の視線」に代えて、たっぷり浴びたような気がして、
恥ずかしくなって、赤面の思いで、机にうつむいていた。

今となっては、半分は苦笑しながら思い出せる。

ニューヨークに移って以来、最も徹夜続きで
気持ち的にもゆとりのない筈の こんな時。
よく、あんな中学生時代の1コマがよぎるスペースを
取り戻せたものだ!

ここ最近、就寝は 仮眠 みたいなもので
「名探偵コナン」を観ながら 落ちる。
というのが恒例なのだけれども、
徹夜作業も1週間を過ぎれば、もうかなりのストレス。

静かに、平和に、吸い込まれるように 眠りに落ちたかった。

キース・ジャレットのソロアルバム。
"The Melody At Night, With You"

albumcoverKeithJarrett-TheMelodyAtNightWithYouAG250.jpg

この作品は、本当に日常からの疲労
こころに溜まっている垢
不安や、いろんな負のものが
体からポロポロと抜け落ちて行くように
スーっとするし、
ピースフルだ。

そして、何より音が美しいし 温かいし 深い。

平和を取り戻したのか、私は、中学時代の事を
ふと思い出しながら、昨夜は吸い込まれるように
寝てしまいました。

それに、目覚めた瞬間それは 質の良い眠り だったと感じた。

キース・ジャレットは、屈指のピアニストの一人。
彼は、演奏活動でめまぐるしい毎日を送っていた最中、
突然、力が抜けたような脱力感に覆われたそう。

「慢性疲労症候群」

数年間、その病気の為に音楽活動を中止。
回復してきて復帰した時の、作品のうちのひとつがこのアルバム。

難病と戦い、またピアノが弾けるようになった喜びと感謝、
音楽を心から愛する思い、いつくしむように
大切にひとつ、ひとつの音を丁寧に弾いてる。

思わず、目に涙を滲ませてしまいます。

さーて、書類作成はきっと今夜が最後だ!
頑張るぞ~~~
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shoketta.blog10.fc2.com/tb.php/18-d336436b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ほっ。 «  | BLOG TOP |  » トラックバックテーマ 第1134回「一度やってみたいこと」

プロフィール

ショケッタ

Author:ショケッタ






音楽に対する強い興味に両親が気がついたのは、2~3歳のころ。5歳からピアノを習い始める。
10代の前半から米軍キャンプのチャーチなどで演奏をはじめ、
その延長で訪ねたアフリカン・アメリカンのチャペルで目の当たりにした音楽に衝撃を受けた。本場のゴスペル音楽との出会いだった。それにはじまり、後にはブルースやジャズに魅了された。

2001年に沖縄から上京し、ヴォイストレーニングに徹した。2004年、バークリー音楽大学の奨学金オーディション合格。
2007年、同大学へ進学。

2009年、ニューヨークへ移る。2010年、アメリカ携帯電話、HanaCellの特別インタビューで、ジャズシンガーとして取り上げられた。

2012年、ニューヨークでファーストコールのベーシスト、リッチー・グッズをプロデューサーに迎え入れレコーディングプロジェクトを立ち上げる。クラレンス・ペン(ドラム)、アンディー・エズリン(ピアノ)、ノゾミ・ヤマグチ(ギター)を始め総勢7人の気鋭プレイヤー達とのコラボレーションが実現。
2014年7月にデビュー・アルバム "MY SOUL" をリリース。

1st アルバム "MY SOUL"
fc2blog_20140712030602749.jpg
CDは全国のレコード店で取扱中
(沖縄エリアは、タワーレコード那覇店、高良レコード店、各店頭にあります)

"MY SOUL" ダウンロード
itunes.png



Shokettaをフォローしましょう

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR