topimage

どうにかして… - 2011.04.14 Thu


どうにかならんだろうか。
遠い、記憶にあるパーマン(再放送でみた?)
1号、2号、3号とでてくるアニメを
本気で思い出す時がある。

ショケッタ2号、3号、欲しい!
とくに今。

私の苦手エリア。
スケジュールが過密したときの対処。

ところで、友人が音響を担当する
ラジオの生放送のショーを観に行った。
ギャリソンといって、アメリカでは有名な人のショー。
おそらく、彼はアメリカ版「きみまろ」
彼のショーには、多数の著名アーティストが
ゲストで登場するのが頼もしい。

前回は、エルビス・コステロさんがゲストだった。
友人のお陰で満喫した。

仕事、用事、雑用いっぱいしながら
こういうチャンスも逃がしたくない。

いつまでニューヨークにいられるか
わからないから、めいっぱいフル回転。

徹夜作業の息抜きにブログ中です。

先日のライブの写真。
載せておきます。
お夜食に、麻婆豆腐。
頂いた後、また作業頑張ります!

独り言ブログでした。

2-28-11-shoketta-trio.jpg
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shoketta.blog10.fc2.com/tb.php/36-8cd24840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

感謝。☆ «  | BLOG TOP |  » ルイ・アームストロングの家

プロフィール

ショケッタ

Author:ショケッタ






音楽に対する強い興味に両親が気がついたのは、2~3歳のころ。5歳からピアノを習い始める。
10代の前半から米軍キャンプのチャーチなどで演奏をはじめ、
その延長で訪ねたアフリカン・アメリカンのチャペルで目の当たりにした音楽に衝撃を受けた。本場のゴスペル音楽との出会いだった。それにはじまり、後にはブルースやジャズに魅了された。

2001年に沖縄から上京し、ヴォイストレーニングに徹した。2004年、バークリー音楽大学の奨学金オーディション合格。
2007年、同大学へ進学。

2009年、ニューヨークへ移る。2010年、アメリカ携帯電話、HanaCellの特別インタビューで、ジャズシンガーとして取り上げられた。

2012年、ニューヨークでファーストコールのベーシスト、リッチー・グッズをプロデューサーに迎え入れレコーディングプロジェクトを立ち上げる。クラレンス・ペン(ドラム)、アンディー・エズリン(ピアノ)、ノゾミ・ヤマグチ(ギター)を始め総勢7人の気鋭プレイヤー達とのコラボレーションが実現。
2014年7月にデビュー・アルバム "MY SOUL" をリリース。

1st アルバム "MY SOUL"
fc2blog_20140712030602749.jpg
CDは全国のレコード店で取扱中
(沖縄エリアは、タワーレコード那覇店、高良レコード店、各店頭にあります)

"MY SOUL" ダウンロード
itunes.png



Shokettaをフォローしましょう

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR