topimage

「じーんと来た」的な週末 - 2011.04.25 Mon

友人がクルーの一員として、
タイムズスクエア付近にある、タウンホールで
4月の毎週末おこなわれたショーが昨日終わった。

劇場式で観衆を楽しませつつ、
ラジオの生番組としてもオンエアされ
毎回、声優達と司会者によるお芝居(毎回、脚本が新しくてネタも変わる)
ゲスト出演するアーティストによる演奏、
司会者の語り、などなど。
ショーは、盛りだくさんの内容だ。

司会を努めるのは、ギャリソン・キーラー
(彼の名前をクリックすると、紹介ページにジャンプ)

全米にファンがいる。
彼のジョークは、絶品だ。
しかし、アメリカの社会的な事情や
歴史、様々な情報を認識していないと
私は笑いに追いつけない。(苦笑)

おととい、私のライブが
アッパーウエストのフレンチレストラン、
La Belle であったのだけれど
2セット目の頃から
友人がギャリソン・キーラーの(タウンホールでの)
ショーの関係者をつれて遊びに来てくれた。
楽器も持って来てくれて
3セット目から参加してくれたので
3セット目は、特に楽しかった~♪

勿論、1セット目からサポートしてくた
ミュージシャンには、もっと感謝です。

さてさて、ギャリソンのショーに話題を戻し…

今回の、ギャリソンのニューヨークでの
ショーは昨日が最後だったので
朝から痛みだした「親知らず」を乗り越えて
タウンホールに行きました。
ほぼ、満席。
笑い、音楽、演出、やっぱり良かった!

またタウンホールに来るチャンスは
しばらくなさそうな気がして
2階の壁に飾られている、
サラ・ヴォーンやビル・エヴァンスをはじめ
タウンホールでレコーディングした
アーティスト達の写真を
噛み締めるように眺め、劇場を後にした。

ギャリソンのショーがタウンホールに
次に戻って来るのは、12月。
ちょっと先なので寂しいな~と思っていたら…

新しい出会い。
今度はアポロシアターに、お邪魔することに
なりそうだ。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shoketta.blog10.fc2.com/tb.php/39-32bf98c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ミュージック・オブ・ザ・ハート «  | BLOG TOP |  » ライブのお知らせ

プロフィール

ショケッタ

Author:ショケッタ






音楽に対する強い興味に両親が気がついたのは、2~3歳のころ。5歳からピアノを習い始める。
10代の前半から米軍キャンプのチャーチなどで演奏をはじめ、
その延長で訪ねたアフリカン・アメリカンのチャペルで目の当たりにした音楽に衝撃を受けた。本場のゴスペル音楽との出会いだった。それにはじまり、後にはブルースやジャズに魅了された。

2001年に沖縄から上京し、ヴォイストレーニングに徹した。2004年、バークリー音楽大学の奨学金オーディション合格。
2007年、同大学へ進学。

2009年、ニューヨークへ移る。2010年、アメリカ携帯電話、HanaCellの特別インタビューで、ジャズシンガーとして取り上げられた。

2012年、ニューヨークでファーストコールのベーシスト、リッチー・グッズをプロデューサーに迎え入れレコーディングプロジェクトを立ち上げる。クラレンス・ペン(ドラム)、アンディー・エズリン(ピアノ)、ノゾミ・ヤマグチ(ギター)を始め総勢7人の気鋭プレイヤー達とのコラボレーションが実現。
2014年7月にデビュー・アルバム "MY SOUL" をリリース。

1st アルバム "MY SOUL"
fc2blog_20140712030602749.jpg
CDは全国のレコード店で取扱中
(沖縄エリアは、タワーレコード那覇店、高良レコード店、各店頭にあります)

"MY SOUL" ダウンロード
itunes.png



Shokettaをフォローしましょう

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR