topimage

ミュージック・オブ・ザ・ハート - 2011.04.26 Tue


生き方。

幾つものダイレクションを辿ってみて
自分にとっての答えを見つけるのだろうけれど
私は、まだ途上にいる。

Music Of The Heart
(このタイトルをクリックすると詳細にジャンプ)

この映画を見たのは2度目。

一度目は、7年前くらいに東京で
ヴォイストレーニングをしていた頃。
2度目は、昨日と今日。

感じ方が全く違った。
7年前とは、自分を取り巻く環境が違うし
その主役の生き方を少しは理解できる(観て消化できる)
経験を7年の間にしたのかもしれない。

一人の人として、
女性として、
ミュージシャンとして、
この映画に描かれている主役の生き方、
今更ながら衝撃を受けている。

改めて、何事も

諦めてはいけない。

そう思わされた。

自分に突きつけられた答えが「ノー」でも
現実的に厳しい状況を突きつけられても
扉が閉ざされても
立ち向かう前向きな姿勢。

その姿は、周囲の人の心も動かす。

そして大きな力が動いて、扉が開く。

この映画の後半に、Benefit Concert (チャリティーコンサート)の企画が立ち上がる。

現在、日本の為に多くの人々がチャリティーイベントを開催している様子が
私の中でクロスしていた。

音楽の力。
それも、改めて考えさせられているところです。

この映画が実話であり、
ニューヨークを舞台に

「離婚→無職→キャリアなし」

という状況から、潜在している才能を
よりどころに立ち上がり、
音楽を通して、自分の道を切り開き
沢山の素晴らしい結果を生んだ
彼女の生き方は、
私の価値観にも、今、影響を与えようとしている。

子供達に音楽を奏でる喜びを
分け与える情熱。
そこからはじまった、実話。

この実話に、出会えて良かった。
これからの、ミュージシャンとしての
私の生き方に大きな励みになる
ストーリーであることに間違いない。

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://shoketta.blog10.fc2.com/tb.php/40-1462d72e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週報 «  | BLOG TOP |  » 「じーんと来た」的な週末

プロフィール

ショケッタ

Author:ショケッタ






音楽に対する強い興味に両親が気がついたのは、2~3歳のころ。5歳からピアノを習い始める。
10代の前半から米軍キャンプのチャーチなどで演奏をはじめ、
その延長で訪ねたアフリカン・アメリカンのチャペルで目の当たりにした音楽に衝撃を受けた。本場のゴスペル音楽との出会いだった。それにはじまり、後にはブルースやジャズに魅了された。

2001年に沖縄から上京し、ヴォイストレーニングに徹した。2004年、バークリー音楽大学の奨学金オーディション合格。
2007年、同大学へ進学。

2009年、ニューヨークへ移る。2010年、アメリカ携帯電話、HanaCellの特別インタビューで、ジャズシンガーとして取り上げられた。

2012年、ニューヨークでファーストコールのベーシスト、リッチー・グッズをプロデューサーに迎え入れレコーディングプロジェクトを立ち上げる。クラレンス・ペン(ドラム)、アンディー・エズリン(ピアノ)、ノゾミ・ヤマグチ(ギター)を始め総勢7人の気鋭プレイヤー達とのコラボレーションが実現。
2014年7月にデビュー・アルバム "MY SOUL" をリリース。

1st アルバム "MY SOUL"
fc2blog_20140712030602749.jpg
CDは全国のレコード店で取扱中
(沖縄エリアは、タワーレコード那覇店、高良レコード店、各店頭にあります)

"MY SOUL" ダウンロード
itunes.png



Shokettaをフォローしましょう

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR