topimage

かぼちゃ尽くしのこの頃 - 2013.10.28 Mon

投稿が事後報告の傾向になってしまったブログ。
Facebookと同じように(とはいかなくても)、事前報告を心がけなくてはですね。

10月も終わるって、恐ろしやー

実は、今月、歳も一つ増えまして…
でもフラワーデリバリーで、
お花のサプライズという素敵な演出に
ハッピーなバースデーとなりました。


ケーキは…
練習中のパンプキンケーキで、自ら褒美♪ かぼちゃケーキ、かぼちゃスープ、
かぼちゃ&パパイヤのカレー、などなど。(ハロウィン前) かぼちゃレシピばかり作ってます。


リゾート施設でのライブも、
楽しく終えて…


さて来月も頑張ります‼

季節の代わり目、風邪などひかないように気をつけて下さいね💕

岡本優子さんホームページの紹介 - 2011.11.11 Fri

どうしても、自分のコンサートの新聞掲載と
同じブログ記事として投稿できなくて・・。

コンサート告知がされた同じ紙面は、
東日本大震災のことについての記事でした。
その中央にある大きな写真。
変わり果てた光景に、失意の表情でしゃがみこむ女性の姿。

忘れられない 自然の猛威 温かな手

というタイトルで、大きな記事として取り上げられています。

あすで8か月になるのですね。

今年の4月にニューヨークにある、トミジャズというお店で
参加させていただいた、チャリティーライブで
トリのバンドとして出演したピアニストの岡本優子さんのことをふと思い出しました。
Facebookから時々、彼女の近況をうかがってはいますが、
今日、東日本大震災の記事が掲載されている
同じ紙面に、自分のコンサート告知がされた意味を一日中考えていました。

4月のチャリティーLiveのとき、
岡本さんは、レコーディングする直前でした。
私は、微力でも、彼女の曲がリリースされたときに
沖縄の人々に、そのことを伝えたいと思った気持ちが、よみがえってきました。

岡本さんは、宮城県気仙沼の出身で、
故郷のために書きおろした曲や思いが込められている、「Sweet Home 」
皆さん、ぜひ、彼女のページで聴いてください。

彼女のページはここをクリック↓
岡本優子さんホームページ

一日も早い復興を心からお祈りします。

あと1ヶ月 - 2011.11.11 Fri


だんだんと迫ってきていてドキドキモードが増している
今日この頃ですが、
12/9 (金)に 『那覇市ぶんかテンブス館』で開催される
ジャズ・コンサート、One Night Only ~Jazz In てんぶす那覇~まで
あと、1ヶ月。(正確には、1ヶ月をもう切っている・・)

今日は、沖縄タイムスにて、コンサートのインフォが告知されました。

11.10 Okinawa Times

素敵な広告に仕上げてくださったスタッフの方々、
ありがとうございました

最近、ドキドキ とか、緊張 とか、
心も忙しくなってきて、少し休まなくては・・と、
昨夜、久しぶりに夜な夜な、一人映画鑑賞なんてしてみたけど
これがまた、結ばれない恋の物語で、泣いて泣いて、
結局、感情が渦を巻いてしまった。

でも、映画のサウンド、ヨーロッパの自然とか
ストーリー以外の楽しみも味わえて、久しぶりに
リフレッシュできました。

また、心を入れ替えて、頑張ります。

自動翻訳を導入☆ (Japanese to English) - 2011.07.20 Wed

おおおおおお!

これは、凄い。
日本語と英語と両方でブログを
楽しんでいただけたらいいなぁ…と
ずっと前から思っていたけれど、
便利な、ありがたい自動翻訳を
このブログに導入しました。

ちゃんと翻訳してくれるのかな?

これから、チェックしてみようっと。

このブログの左上に、星条旗を導入しましたが
そこにある English をクリックすると
このブログが英語に変身します。

面白い!!

トラックバックテーマ 第1191回【じゃがいも料理】何が好き? - 2011.05.16 Mon

じゃがいも。

先週、家の近くの八百屋で2キロくらい詰められて、
たったの $1。

一人で食べられるかなぁ…と思いつつ
その魅力的な値段に惹かれて購入。

もう2個しか残っていない。

『きんぴらじゃがいも』

これ結構イケる♡

きんぴらごぼうを作る感覚で
ごぼうの替わりにじゃがいもを
千切りにして、じゃがいもの
シャキシャキ感がちょっぴり残る程に火を通す。

レシピは、きんぴらごぼうと同じで
ごぼうが、じゃがいもに変わるだけ。

今回は、$1で大量に買えたので
いつもお料理を作ってくれる
スパニッシュ母さんに、
ポテトサラダを作って、いつもお世話になっている
お礼をした。

レシピは、以前にスパニッシュ母さんに
教えてもらったものに少し手を加えた。

マヨネーズの量を大量にしない為でしょうか?
スパニッシュ母さんのレシピは、
「お酢」を隠し味に活用している。

ドイツだと、ポテトサラダに
刻んだカリカリベーコンを入れるらしい。

ということで、いろんな国のスタイルが混ざった
「ワールド・ポテトサラダ」にした。

「日本のカレー」が懐かしくなり
ゴールデンカレーのルーをゲットできたので
じゃがいもが入った、日本のカレーを
スパニッシュ母さんに披露したら…

『とっても美味しいわ~♪』

と感激していた。

ミネストローネを作るときも
さいころ型に切った、じゃがいもを
入れたりする。

それにスターチ(片栗粉)を切らしている時に
じゃがいもがあると、
擂りおろして、お料理に使うとトロミがでる。

好きなじゃがいも料理は
切りがないけれど、
今一番恋しいのは
沖縄でよく母が作ってくれる「薬味汁」に
入った大きなじゃがいも。

確か…

シンジ ヌ シル

そんなサウンドの名前の薬味汁だったような…。

豚肉やレバーが入っていて、
とにかくにんにくたっぷり。
にんじん、じゃがいも、豆腐等が入っていたような…。

さっき夕飯を食べたばかりなのに
ブログ書きながら、唾を飲んでいる。。。

食いしん坊?

トラックバックテーマ 第1191回【じゃがいも料理】何が好き?

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ショケッタ

Author:ショケッタ






音楽に対する強い興味に両親が気がついたのは、2~3歳のころ。5歳からピアノを習い始める。
10代の前半から米軍キャンプのチャーチなどで演奏をはじめ、
その延長で訪ねたアフリカン・アメリカンのチャペルで目の当たりにした音楽に衝撃を受けた。本場のゴスペル音楽との出会いだった。それにはじまり、後にはブルースやジャズに魅了された。

2001年に沖縄から上京し、ヴォイストレーニングに徹した。2004年、バークリー音楽大学の奨学金オーディション合格。
2007年、同大学へ進学。

2009年、ニューヨークへ移る。2010年、アメリカ携帯電話、HanaCellの特別インタビューで、ジャズシンガーとして取り上げられた。

2012年、ニューヨークでファーストコールのベーシスト、リッチー・グッズをプロデューサーに迎え入れレコーディングプロジェクトを立ち上げる。クラレンス・ペン(ドラム)、アンディー・エズリン(ピアノ)、ノゾミ・ヤマグチ(ギター)を始め総勢7人の気鋭プレイヤー達とのコラボレーションが実現。
2014年7月にデビュー・アルバム "MY SOUL" をリリース。

1st アルバム "MY SOUL"
fc2blog_20140712030602749.jpg
CDは全国のレコード店で取扱中
(沖縄エリアは、タワーレコード那覇店、高良レコード店、各店頭にあります)

"MY SOUL" ダウンロード
itunes.png



Shokettaをフォローしましょう

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR